読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自社アドネットワークサービスのドッグフーディングはじめてみた

Swift 開発 スマホ アドネットワーク VG チーム

(この記事はAdvent Calendar 2015 - VOYAGE GROUP 10日目の記事になります)


こんにちは!Zucksアドネットワークでエンジニアしてます@karahiyoです。

Zucksアドネットワークはスマートフォン向けのアドネットワークのサービスをしています。 今回はそのサービスのドッグフーディングをはじめてみたという話です。*1

Zucksでは、毎週金曜にチーム全員で1時間ほどのMTGをしています。 開発、営業だいたい全員が揃うMTGで、今週したこと、数字報告、あとはざっくばらんな質問タイムなどがあります。話の内容によっては、必要ならこの場で話をもう少し掘り下げ議論、相談をしたりもします。などなど、チームで会話するための貴重な機会となっています。

MTGの際には、毎回その場で司会者を一人ランダムに決めています。 よくやるランダムな選び方は、"ペンをなげてそのペン先の方向の人を司会者とする"、という方法です。

しかしこの方法だと、毎回ペンをなげてたけどペンが壊れないかという心配がありました。

あとは、"ペン先の方向の人"というのはあいまいさがあったり、MTGの場所や人の配置によってはこの方法がとれない時もあったりなどなど課題がありました。

そこで、司会者をランダムに決めるために、自社アドネットワークが使えるのではないかと思ったのがきっかけでした。

次のような仕組みを考えます。

f:id:karahiyo:20151211124608j:plain

本来のアドネットワークのサービス(図左)とは、広告主が広告をアドネットワークに入稿し、それをアドネットワークがいい感じに出し分けつつメディアに配信するというものです。 それを今回は(図右)、各チームメンバがおのおののクリエイティブを入稿し、で用意した社内用の枠にそれらクリエイティブを配信します。各チームメンバのクリエイティブのどれかひとつがその枠に表示されます。その表示されたクリエイティブのメンバーが今日の司会者となる、と。

この仕組みのためには、アプリを作り、広告表示のSDKを組み込み、クリエイティブを入稿し配信の設定をするということが必要になります。

アプリ開発・SDKの組み込み

スマホアプリは何年か前に興味から触った程度なので多少実装が不安なところがありました。

まずはXcodeのupdateから...

アプリを作ります。

できました。

f:id:karahiyo:20151210233741j:plain

今回は興味からSwiftで作成してみました。

次にSDKを組み込みます。Zucksアドネットワークのサイトをたどって https://ms.zucksadnetwork.com/media/admin/#/login からユーザ登録、アプリケーションの登録をしてSDKを組み込みます。

Bridging-Header.hを作成し、SwiftからObjective-Cのクラスを参照できるようにします。

#import "FluctSDK.h"
#import "FluctBannerView.h"

あとは、ViewControllerで次のように広告を表示させます。

  ad = FluctBannerView()
  ad.setMediaID(MEDIA_ID)
  ad.frame = CGRectMake(0, 0, 320, 50)
  self.view.addSubview(ad)

入稿

クリエイティブを作成して入稿します。

こだわったところは、面白いクリエイティブをつくりたいなぁと。自分のクリエイティブが出て欲しいと思ってもらえるような。(今回はとくにブログ掲載のこともちょっと意識していたので、FBの顔写真、slackのアイコンとかを載せるとなるとそれはそれでまたいくつか確認することが必要だったので避けるなど)

ということで今回は恐れ多いですが二つ名的なものを考えてみましたmmmmmm

f:id:karahiyo:20151210233838j:plain

クリエイティブ一部

f:id:karahiyo:20151211133522p:plain

感想:

週例MTGの司会者を決めるために自社アドノットワークの広告配信を使ったアプリを作成しました。 アプリデベロッパが広告配信のためのSDKを埋め込む作業、チームメンバのクリエイティブをアドネットワークに入稿する作業などドッグフーディングをすることができました。 ドッグフーディングをしよう!みたいな話から始まったものではありませんが、結果、アプリデベロッパーと広告主それぞれのユーザ視点に近い体験ができたと思います。

今後、チームに新しいメンバーが入られた時には、その新しいメンバのクリエイティブを入稿する仕事が出てきます。 これをその新しく入られたメンバー自身でおこなってもらうようにするのはいいかもしれません。広告入稿の作業の練習になりそうです。

今後、チームの面白い文化のひとつになったらなぁと。

次回は @rail44です。お楽しみに!! 🎉

ユーザーストーリーマッピング

ユーザーストーリーマッピング

小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則

小さなチーム、大きな仕事〔完全版〕: 37シグナルズ成功の法則

  • 作者: ジェイソン・フリード,デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン,黒沢 健二,松永 肇一,美谷 広海,祐佳 ヤング
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/01/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 21人 クリック: 325回
  • この商品を含むブログ (36件) を見る

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

*1:思い立ってからまだ金曜を迎えていないので実際に週例MTGではまだ使っていませんmm

© karahiyo