読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

emphコマンド released - コマンドライン出力をカラーリング

すでにカラーリングツールはいくつかあると思いますが、
「〇〇の構文を解析して色付けする」というのではなく、ログなどの時系列なデータ向けに、
一行単位で完結するカラーリングツールがほしいと思ったので作ってみました。
golang製。

インストール

$ go get github.com/karahiyo/emph

適当に楽しむ

$ git clone git@github.com:karahiyo/emph.git
$ make install
$ make integration_test

使い方

カラーリングの設定はtsvな設定ファイルとなります。
第一カラムに色付けしたい文字列を正規表現で書いて、
第二カラムに mgutz/ansi · GitHub のStyleFormatの仕様でカラーリング設定を書きます。

$ cat ~/.emph/nginx
"^[0-9.]*"    "246"
"200"         "green"
"500"         "black+bB:red"
" \[.*\] "    "63"
"GET"         "46"

$ tail -f /var/log/nginx_sample_log | emph -c ~/.emph/nginx

すると、こんな感じに、

f:id:karahiyo:20150524154645p:plain

見やすそう!
といってもこれくらいなら、色付けしなくとも500でgrepするくらいで十分そうですが。。。


(おまけ)サンプルニンジャ
f:id:karahiyo:20150524155222p:plain

© karahiyo